32歳 朝は、冷水洗顔がキモです。

朝は必ず冷水で顔を洗います。

 

いくら寒かろうと、冷水です。

 

化粧水は、顔を洗ってタオルで優しくプレスしてからすぐにつけます。

 

ベースとなる化粧水にプラスして、アスタキサンチンとヒアルロン酸入りのとろみのある化粧水を使います。

 

手で顔にプレスしたあと、乳液を塗り込み、終了です。

 

美容液は使いません。

思春期の頃から乾燥肌で悩んでいます

思えば、思春期の頃から乾燥肌でした。

 

皆がニキビやオイリー肌で悩んでいる頃から、私だけカサカサしていました。

 

あぶら取り紙を使っても、なんのあぶらも取れず。
ふき取りの粉がただ肌について、逆に肌荒れすることもしばしば。

 

友人からは羨ましがられましたが、それも若いうちだけでした。

 

30歳を過ぎた頃から、乾燥しているせいで徐々にシワが目立つようになってきて、通常の手入れでは追いつかないほどに。

 

オイリー肌もつらいけれど、乾燥肌もつらい。
化粧水をつけても、乳液をつけても、なぜかすぐに干からびてしまいます。

 

肌がごくごく水分を奪っていっている感じです。

 

遺伝なのか、私の母も若い頃からニキビの代わりに粉をふいている人生なのだとか。

 

そのせいで、頬と眉間にくっきりとシワが刻まれています。
潤っているのは、化粧水をつけた直後だけ。

 

一体、潤いはどこに行ってしまっているのでしょうか。

 

しっかり乳液でふたをしているはずなのだけれど。

 

母の体質を受け継いでいるわたしも、将来はしっかりシワが刻まれるのかと思うと、今から恐怖です。

お米のとぎ汁に凄いパワーがある!?

お米のとぎ汁には栄養がある、と母から聞いていました。

 

昔は、赤ちゃんにミルク替わりとしてとぎ汁を飲ませていたこともあるそうで、私自身、毎回お米を研ぐときにとぎ汁を捨ててしまうのがもったいないなあと思っていました。

 

なので、お米のパワーを無駄にせず詰め込んだライスパワーエキスには、ちょっと興味がありました。

 

そうしたら、ライスパワーエキスには水分保持能改善の効果があるのですね。

 

「改善」とあるので、ただ化粧水のパワーでカバーするだけでなく、肌が持っている機能にアプローチしてくれるところが優秀だなと思います。

 

乾燥肌の私にもこれはいいのではないかしらと期待値があがりました。

 

さらに、化粧水ながらまるでつくる工程が食品のよう。

 

化学物質を含まないというのも、肌荒れしやすい自分にはいいのでは、とますます興味がわきました。

 

たしかに化粧水は肌に食べさせるものですから、食品と同じく無添加がいいのは間違いないでしょう。

 

 

オールインワンは好きではないけど、主婦は時短でオススメ!

私は、もともとオールインワンはあまり好きな形態ではありませんでした。

 

化粧水も乳液も美容液もその他もいっしょくたで、ほんとうにケア出来ているのか不安になってしまうからです。

 

しかし、主婦となり、日々の忙しさからもうオールインワンでもいいと思うようになりました。

 

まさに背に腹は代えられぬ、です。

 

ライスビギンのオールインワンは、80mlで8000円とお高いのが気になります。

 

誕生日や記念日に一本買うことはできても、続けるのは難しいのかな、と思います。

 

乾燥肌にはよく効いてくれそうなのですが・・・。
ただ、さらっとした乳液ということで、印象はいいです。

 

オールインワンはたいてい、ゼリーのようなプルンとしたもので、本当にこれに全部入っているのだろうか、と不安になるものが多いので。

 

化粧水、乳液、美容液がひとつになって、さらに水分保持能改善もしてくれるとあれば、値段相応なのでしょう。

 

もし、本気で乾燥肌を治したいと思っているなら、迷わず買っている商品だと思います。

 

>>ライスビギンオールインワンを見る